建築士事務所のご紹介

設計料の算定について

業務報酬 ※上記に消費税を加える必要があります。なお、業務報酬基準の対象外となる「設計に必要な情報を得るための調査、企画等の業務」等を実施する場合は、別途、合理的な方法により算定し、加算する必要があります。

戸建住宅の場合の標準業務量の算定について

建築物の概要

敷地 整形・平坦な敷地
用途 戸建住宅
(詳細設計を要するもの)
延べ面積 150m2
構造種別 木造
階数 地上2階
構造 一般的な水準
設備 一般的な水準

標準業務量の算定

(単位:人・時間)

  設計 工事監理等
総合 490 240
構造 97 48
設備 130 49
小計 717 337
合計 1,054
↓

(単位:人・時間)

床面積の合計 100m2 180m2 200m2 300m2
(一)
設計
総合 350 490 610 850
構造 81 97 110 130
設備 110 130 140 150
(二)
工事監理等
総合 180 240 290 390
構造 30 48 66 100
設備 38 49 59 77

(平成21年国土交通省告示第15号による)

※詳しくは直接、建築士事務所にご相談ください。

設計についてのお問い合わせ

お問い合わせにつきましては下記フォーム、又は電話にてお問い合わせください。
事務局よりご連絡いたします。

[電話] 096-371-2433