令和2年度「既存住宅状況調査技術者」(新規・更新)講習

投稿日: カテゴリー 一般

宅建業法の改正により既存住宅状況調査が法律的に位置づけられ、この業務を
行うのは一定の講習を修了した建築士と規定されました。
(一社)日本建築士事務所協会連合会は、既存住宅状況調査技術者講習登録
機関として国土交通省に登録され、本会にて講習会を開催しております。
既存住宅状況調査業務は、建築士事務所のその他業務として位置づけられて
おり、宅建業法上のインスペクション以外にも様々な業務として活用されるこ
とが期待されます。このような業務を行うにあたっての基礎的講習となります
ので、建築士事務所並びに建築士の業務の拡大のために、この機会にぜひ、
ご受講ください。
 ※宅建業法の改正によりインスペクション業務がより重要となります。
平成28年6月に宅地建物取引業法の一部が改正され、既存住宅のインスペ
クションが法律的に位置づけられました。これにより、既存住宅の売買時に、
買主に対する重要事項説明として「既存住宅状況調査」に関する説明が義務づ
けられます。

主  催  一般社団法人 日本建築士事務所協会連合会
(国土交通省既存住宅状況調査技術者講習 登録第5号)
運営主体  一般社団法人 熊本県建築士事務所協会
◆講習ご案内のダウンロード
【新規】既存住宅状況調査技術者講習案内書
【更新】既存住宅状況調査技術者講習案内書
■ 開催日時及び会場・定員(定員に達し次第受付終了となります)

種別・
コード
日時 講習会場 定員 受付期間
新規講習
A4331
令和2年11月26日(木)
9時25分開始
熊本市流通情報会館 5階
501研修室
30名 令和2年7月1日(木)
~11月13日(金)
更新講習
B4331
令和2年10月30日(金)
9時00分開始
熊本市流通情報会館 5階
501研修室
30名 令和2年7月1日(木)
~10月16日(金)

■ 受講対象
建築士法第2条第1項に規定する建築士(一級、二級、木造)
【更新講習】 既存住宅状況調査技術者講習会の修了者
※ 証明書番号が「N17」から始まる方(有効期限が2021年3月31日までの方)が
更新講習を受講せずに有効期限が切れてしまった場合、再度、新規講習から受講
が必要となります。

※ N18、N19から始まる方も受講できます。
※ 他団体で既存住宅状況調査技術者の登録をしている方も受講できます。

■ 受講料
【新規講習】 21,450円(税込) テキスト代、登録料、登録証カード発行等含む
【更新講習】 16,700円(税込) テキスト代、登録料、登録証カード発行等含む

 時間割(予定)
【新規講習】  受付開始9:00 講習9:25~17:00(予定)
【更新講習】  受付開始8:40 講習 9:00~12:05(予定)

■ 申込先
(一社)熊本県建築士事務所協会
〒862-0976
熊本市中央区九品寺4丁目8月17号 熊本県建設会館別館2階
電話番号:096-371-2433 FAX:096-371-2450

■ 振込先
肥後銀行 水前寺支店 普通 1115236
一般社団法人 熊本県建築士事務所協会 会長 南 孝雄
(振込手数料はご負担ください)
■ 申込書入手方法
① 事務所協会窓口で受取り
② ダウンロード
【新規】受講申込書
【更新】受講申込書
■ その他
建築CPD情報提供制度の認定プログラムの予定です。
【新規講習】 5単位
【更新講習】 2単位